言語発達障害

言語発達障害

言語発達障害に関して説明します。人はだいたい1歳半までには意味のある単語を話せるようになり、3歳頃までには二語文を話せるようになるのが標準的です。しかし、明らかにその標準的な言語成長のスピードよりも遅れてしまっている場合には言語発達障害と思われます。

 

 

しかし、ほとんどの方の場合、はいが言えないなど言葉が出てこない症状に気がついてから言語発達障害である事に気づくことが多いようです。また、話だけでなく2歳くらいまでには親などが言っていることを理解してから行動できるようになるのですが、それができない場合にも言語発達の遅延があると思われます。

 

 

言語発達障害のほとんどは、視覚的理解力などの遅れがある精神遅延が原因となっています。また他にも自閉症や生活環境なども言語発達障害の原因とされています。

 

 

他になんの異常も無いのに話すことだけが遅れている言語発達障害の場合では、3歳ごろまでに突然、話ができるようになる、言葉に流暢性が出てきたといったようなケースも少なくありません。

 

 

言語発達障害には原因がいくつか考えられ、1歳半検診などで、ささやき声で呼びかけたら振り向くか、というプログラム項目があります。また治療や指導を行う為にも難聴のスクリーニングが必要となります。

 

 

言語発達障害に関しては小児科などで色々な検査を受けることができますし、家庭での指導方法も小児科で受けられます。
まずは言葉を発することより理解力をつけるトレーニングが大事ですし、本を読んで聞かせる事なども良いと考えられています。

 

 

 

 

 

>>中村しょうの吃音治療DVDはこちら<<