吃音と遺伝

吃音と遺伝

どもりなど発音障害は原因がハッキリとは解明されておらず、精神的な要因が大きいとされる説が有力で治療方法も確率されてません。
しかし、吃音は遺伝するとされるような説もあるようです。

 

 

実際に、親がどもりを抱えていると、その子供もどもりが遺伝して発症しやすいという研究結果が出ています。

 

 

といっても、親がどもりなら子供は必ずどもるというわけではありません。精神的な要因の面から考えると、あまり親が心配しすぎるのも良くありません。

 

 

吃音が遺伝や発達障害が原因となるというのであれば、精神的な要因は無関係に思えます。ですが、どもりは急かされて育つ事で「早く話さなければ」という焦りから出るとされる説もあります。

 

 

だとすると、そうした教育方針が根付いた家庭環境によりどもりが出やすくなる事も考えられます。

 

 

そのようにして同じ家庭にどもりの子供が連続して出た場合に吃音の原因が遺伝や発達障害と判断するのは気が早いかもしれません。

 

 

吃音で遺伝による原因がまったく無いとは言い切れませんが、そうした誤解により遺伝と判断されてしまう子供も確かに存在するのではないでしょうか?

 

 

言葉が出ない、流暢に話せない、はいが言えないなど、どもりの原因が遺伝や発達障害ならもう仕方ないと思い、どもりを治したい気持ちを早々に諦めてしまうのではなく、教育方針・家庭環境にどもりが出やすい問題点などなかったか? といった部分にも目を向けて言語障害の背景を振り返ってみましょう。

 

 

 

 

 

>>中村しょうの吃音治療DVDはこちら<<